商品レビュー

【無印良品】話題のカレーに合うパックライス「ジャスミン米」を食べてみた

どうも、しかさんです。

無印良品のレトルトカレーは人気が高く、

特に「バターチキンカレー」は鉄板商品ですよね。

カレーとの合わせ買いで話題になっているのが、

今回買った「ジャスミン米」です。

カレーとの相性抜群とのウワサを聞き、

気になったのでひとつだけ試し買いしてみました。

香りや味にクセがなく、

甘みが強い白米でパラパラしているのが特徴です。

今更な感じがしますが、

他のレトルトカレーと一緒に食べてみたので記事にしました。

よければお付き合い下さい。

雑貨屋で購入したレトルトカレーと共に

ずっと気になっていた、無印良品の「ジャスミン米」。

カレーによく合うという話を聞きます。

その正体はタイ米で、

ジャスミンの香りづけをしているわけではないみたいです(笑)

日本の白米と比べて、かなり細長い形をしています

お値段は、290円(税込み)。

調理方法は、

  • レンジ調理
  • 湯煎調理

のどちらでも可能です。

そして合わせるレトルトカレーは、

雑貨屋で半額になっていた「黒いビーフカレー」

フォンドボー入りで、

なんだか美味しそうなので買ってきました。

お値段は、480円の半額で240円(税抜き)。

ベル食品という、聞いたことのないメーカーです。

今回は、このセットで食べてみます。

「ジャスミン米」をレビュー

開封した時の匂いは、

普通のパックライスと変わらない感じですね。

温めて、カレーもスタンバイOK。

まずは、米単体で食べてみます。

味は普通の白米とそこまで変わらないので、

抵抗なく食べられます。

意外ともちもちした食感で、

お米の強い甘みを感じられました

細長い形をしているので、口に入れたときの食感が新しい!

ねっとりではなく、パラっとしています。

独特な風味がないので食べやすいですね。

次に、カレーと合わせてみます。

パラパラしていて、カレーとめちゃくちゃ合いますね

違和感なく食べられます。

カレーの辛味とお米の甘さが絶妙にマッチ!

いつものお米とは違う新食感です。

いつもの白米より、甘さが強い感じがしました。

ビーフカレーもスパイシーな辛口で美味しかったです。

お肉の味は柔らかく、味がよく付いていて美味でした。

ただ、お肉が少なかったのが残念。

半額で購入したので、気にしない事にします(笑)

【まとめ】無印良品の「ジャスミン米」はカレーに最適なお米でした

この「ジャスミン米」は、

正直言って高めの価格設定だと思うので、

今まで購入に躊躇っていました。

実際カレーと合わせてみると、確かに良く合います。

無印良品のレトルトカレーと、

合わせ買いする方が多いのも納得しました。

美味しかったんですが、

やはり価格の面でリピ買いはしないと思います。

買うなら、

300g入りの自分で炊くタイプの「ジャスミン米」を購入するかも。

理由は、

バイクでデイキャンプツーリング時に持参して

現地で飯盒するためです。

量的に2回分としたら1合足りないぐらいですが、

1人でカレーツーリングする分には十分でしょう(笑)

まとめると、

  • 形が細長く、パラパラしている
  • 日本の白米に比べて、米の甘みを強く感じる
  • 風味に独特のクセがないので、美味しく食べられる
  • 形的に食感が新しく、パラパラしているのでカレーと相性抜群
  • お値段が高めなのがネック

といった感じです。

無印良品さん、美味しいお米なのでもう少しお値段頑張って下さい(汗)

本当、美味しいので備蓄食料や、キャンプ飯の候補としても良いと思います。

今更なレビューになりましたが、気になった方は、無印良品で購入してみて下さい。

以上、無印良品のパックライス「ジャスミン米」の紹介記事でした。

何か参考になれば幸いです。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

ごきげんよう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ABOUT ME
しかさん
バイクツーリング、車での日帰り旅行が好きな会社員です。 道の駅巡り、日帰り温泉、デイキャンプが趣味です。 国内旅行もたまにします。 好きな食べ物は、抹茶、ほうじ茶系スイーツ。 出先で見つけたスイーツとのコーヒーブレイクが至福のひと時。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA