アウトドア

【アウトドアツーリング】ラーツーに持っていくアウトドアギアを考察

どうも、しかさんです。

なかなか、ツーリングに行くタイミングがない日が続いております。

そこで、ラーツー

(外でラーメン作って食べるツーリング)

をするなら、どのアウトドア用品を持って行くかを考えてみました。

よければお付き合い下さい。

使用するバッグ

リアキャリア、リアシートバッグやケースを使用せず、

バッグパックを背負っていく事を想定して考察しました。

今回選んだバッグは、

ゴールドウイン(GOLDWIN) リュックサック GWM X-OVER デイパック 27

付属のXベルトを使用すれば、リアシートなどに簡単に固定する事も可能です。

雨が降っても、付属のレインカバーをつければ雨からバッグを守れます。

そのかわり、蛍光色の黄色いカバーなので見た目がダサいです(笑)

あまり大きくないので、ラーツーぐらいなら丁度良いと思い選定しました。

次に、バッグに入れるアウトドア用品を決めていきます。

ラーツー道具の選定

テーブルとコンロ

まず、テーブルは最近購入したこちらの商品。

FUTURE FOX イワタニ FORE WINDS マイクロキャンプストーブ FW-MS01 専用 遮熱テーブル

これと、セットになる

イワタニ FORE WINDS マイクロキャンプストーブ FW-MS01

と、CB缶

これがテーブルコンロセットです。

この商品の詳しい紹介は、こちらの過去記事をご覧ください。

【ガスコンロ専用テーブル】FUTURE FOXの「イワタニ FORE WINDS マイクロキャンプストーブ専用 遮熱テーブル ノルディック柄」をレビュー | しかさんの旅ブログ (shikasan-tabi.com)

【小型ガスコンロ】FORE WINDS/フォアウィンズ マイクロキャンプストーブを購入しました | しかさんの旅ブログ (shikasan-tabi.com)

チェア

折り畳み式の背もたれ付きチェア

ひじ置きなどがない、シンプルなタイプです。

ネットで買った、安価のコピー品(笑)

メーカーは違いますが、こんな感じのコンパクトチェアです。

Moon Lence アウトドアチェア

軽量化するなら、簡易式の背もたれなしにしてもOKです。

ケトル(調理器具)

お湯を沸かすだけなので、折り畳みケトルを使用します。

シリコン製のこちらの商品、

クマザキエイム 折り畳みケトル&カップセット oritam(オリタム) ホワイトブラック FKC-1015

折り畳みのシリコンカップが2つも一緒に付いてきます。

結構使い勝手がよく、気に入ってます。

ただし、焚き火など炎がシリコンに当たる火力で使用すると、

シリコンが溶けてしまうので注意です。

調理用飲用水

100円ショップで買った、1.5ℓタンクを使用。

実際は、1ℓぐらい入れて持っていきます。

少し水漏れするのが難点(笑)

主に、カップラーメン用のお湯と、食後のコーヒー用の飲用水です。

あると便利なもの

アルミの折り畳み風防

数年前にネットで買ったものですが、最近なら100円ショップでも購入可能です。

オールインワンのコーヒーメーカー

食後のコーヒー用の趣向品です。

これがあれば、コーヒー豆を現地で挽いてコーヒーを楽しめます。

こんな感じで、

  • コーヒーミル
  • コーヒーフィルター
  • コップ

が、一式セットになっていて、かなり便利!

「アウトドアマン」というメーカーのものですが、

もう中古品しかないみたいです。

ゴミ袋

食べ終わった容器や、使用済みのコーヒー豆などのゴミを入れる袋です。

バッグの中で汁などが漏れると大惨事になるので、

多めに持っていき、二重にしてしっかり縛りましょう。

バッグの空き容量と総重量

この8点のアウトドア用品をバッグに詰め込みます。

全てバッグに入れるとこんな感じ

まだ上部は、拳4つ分ぐらいのスキマがありますね。

ここには、カップ麺を入れるスペースと、帰りのゴミを入れるスペースになります。

総重量は、約5.5キロ

背負ってみると、それなりに重いですね(笑)

帰りは水が入ってないので、多少マシになりますが。

もう少し軽量化したい場合は、コンロをエスビットのような、

ポケットストーブと固形燃料にすると良いと思います。

後は、チェアの快適さを捨てて、簡易式折り畳みチェアに変更するぐらいですね。

【まとめ】バイクのラーツーはコンパクト化が課題

今回は、それなりの快適さを求めた装備にしてみました。

背もたれつきチェア、テーブル、食後のコーヒー付きで、

自然の中でゆっくり過ごせるようなセットになっていると思います。

しかし日陰がないと、さすがに夏場はキツいです。

日陰のある場所を探すか、タープなどを持参して日陰を作りましょう。

今持っているアウトドア用品だと、こんな感じです。

もっとコンパクト化出来そうな商品が出たら、取り入れてみようと思ってます。

次は、1人焼肉ツーリング(デイキャンプ)仕様の装備も考えてみたいですね。

以上、ラーツーに持っていくアウトドアギアの考察についての記事でした。

何か参考になれば幸いです。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

ごきげんよう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ABOUT ME
しかさん
バイクツーリング、車での日帰り旅行が好きな会社員です。 道の駅巡り、日帰り温泉、デイキャンプが趣味です。 国内旅行もたまにします。 好きな食べ物は、抹茶、ほうじ茶系スイーツ。 出先で見つけたスイーツとのコーヒーブレイクが至福のひと時。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA