商品レビュー

【コーヒーレビュー】カフェイン99.95%カットのデカフェ「極・馨」の味わいはいかに⁉

どうも、しかさんです。

最近、

晩ごはん後にコーヒーを飲むことにハマっています。

食器洗いなどの家事を済ませて、

ゆっくりくつろぐ時間にコーヒーをプラスすると、

とても有意義な時間になりますよね。

しかし、寝る前なのでカフェインが気になるところです。

実際、僕は寝る前にカフェインを摂取すると

寝つきが悪くなります

そんな時、デカフェコーヒーを知り、

デカフェコーヒーにも

フレーバーコーヒーがある事を知りました。

それが、今回紹介する商品の「極・馨」です。

カフェイン含有量は脅威の0.05%で、

カフェイン除去方法に薬品を一切使用していない、

安全なデカフェコーヒーになっています。

嫁にも、安全で美味しい

デカフェコーヒーを飲んでほしいと思い、

試しに購入してみました。

この商品は、

  • 妊娠や授乳中のお母さん
  • 体質的にカフェインを摂取すると不調なる方
  • コーヒーが好きで一日に何杯も飲む方
  • 夜や寝る前でもコーヒーを楽しみたい方
  • 風味を妥協せず、安全なデカフェを探している方
  • デカフェでもフレーバーコーヒーを探している方

などに、オススメできます。

大切な方へのプレゼントにも良いですね。

個人的に感じた良い点と悪い点、

実際に注文した3種類のコーヒーを飲んだ

レビューを記事にしています。

フレーバーは、

  • ノーマル
  • ブルーベリー
  • ヘーゼルナッツ

の3つをレビューしていますので、

参考にしていただけたらと思います。

よければお付き合いください。

「極・馨」とは?

極・馨-Gokkoh-は、

「妊娠中でもカフェインを気にせず、安心して美味しいカフェインレスのコーヒーを飲みたい」

と願っていた女性が、試行錯誤の末にたどり着いたコーヒーです。

(極・馨-Gokkoh-公式ホームページより引用)

誰でもカフェインを気にせず、

美味しく飲めるコーヒーというのが

コンセプトのようです。

それでは、この商品のポイントと、

個人的に気になった点を紹介していきます。

商品のポイント(メリット)

まずは、良い点から挙げていきます。

  • カフェイン除去率99.95%のデカフェコーヒー
  • カフェイン除去方法に「スイスウォータープロセス法」を使用
  • 様々なフレーバーが選べられる
  • フレーバー素材そのものをコーヒー豆にブレンド

順番に説明していきます。

カフェイン除去率99.95%のデカフェコーヒー

一般的なカフェインレスコーヒーは、

「97%以上カット」

と表示されています。

充分カフェインがカットされてはいますが、

正直、どこまで信用していいのか心配になります

(実際、僕は心配性なので気にします)

この「極・馨」の商品は、

デカフェの流通の多いヨーロッパ基準値、

カフェイン含有量0.2%以下をクリア。

カフェイン含有量はなんと、0.05%です

さらに、第三者機関に依頼し、

ロットごとにカフェイン含有量を検査。

検査証明書を公式ホームページで公開しています

品質管理がしっかりされているので、

安心して飲めるし、人にオススメできますよね。

なにより、嫁に安心して飲んでもらえるので

とても気に入っています。

カフェイン除去方法に「スイスウォータープロセス法」を使用

カフェインの除去方法にはいくつかありますが、

この商品は、

「スイスウォータープロセス法」

を採用しています。

簡単に説明すると、

水を使ってカフェインを除去する方法です。

薬品をいっさい使わず除去するので、

人体に無害で安全性の高いことが特徴

しかも、風味はほとんど失われず、

しっかりコーヒーの旨みを味わえます。

その証拠に、日本でもお馴染みの、

  • スターバックス
  • タリーズ

などの、大手メーカーも取り入れている製法です。

日常的に飲むものなので、

安心、安全性は欠かせません。

様々なフレーバーが選べられる

現在(2022年3月時点)、

6種類のデカフェコーヒーが販売されています。

ラインナップは、

ラインナップ(2022年3月時点)

  • デカフェコーヒー ノーマル
  • デカフェフレーバーコーヒー ココア
  • デカフェフレーバーコーヒー ヘーゼルナッツ
  • デカフェフレーバーコーヒー 黒豆ミックス
  • デカフェフレーバーコーヒー アーモンド
  • デカフェフレーバーコーヒー ブルーベリー

となっています。

価格は、フレーバーによって若干違います。

種類も豊富で、

その日の気分で変えられる点が嬉しいですね

僕の嫁にも好評でした(笑)

フレーバー素材そのものをコーヒー豆にブレンド

1番驚いたのが、コレ!

香り付けに、素材そのものをブレンドしています

他のフレーバーコーヒーなどは、

豆に香り付けしていますが、

この商品はこだわっているなー

と、関心しました。

本物の素材をコーヒーにブレンドしている商品は

見たことがなかったので、衝撃的でした。

今後、新しいフレーバーの

ラインナップが増えることに期待したいです。

個人的に気になったところ(デメリット)

次に、僕の目線で気になった点をあげていきます。

  • 挽き豆のみの販売
  • 袋はジッパータイプではない
  • 価格は気持ち高め

順番に説明していきます。

挽き豆のみの販売

他のお店と違い、

挽きの荒さを変えたり、

豆のまま購入することができません

コーヒーの淹れ方にこだわりがある方は、

少し不満かもしれませんね。

また、挽きの状態で出荷されるので、

開封後は早めに消費しないといけません

鮮度が落ちて、風味が失われていきます。

そのあたりの自由度が低い点は、

マイナスに感じました。

とはいえ、フレーバーコーヒーは、

素材を混ぜて作られているので、

仕方ないんですけどね(笑)

袋はジッパータイプではない

これは、僕個人の願望になります。

お店によっては、

ジッパーのついた袋に

コーヒー豆を入れてくれるところもあり、

保存がとても楽なんですよね。

この商品は、挽き豆のみの販売なので、

できればジッパータイプの袋がよかったなー

と、思ってしまいます。

仕方ないので、

開封後はクリップ止めをして、

ジップロックに入れて保管しました。

気にならない方もいると思いますが、

僕は気になってしまいます(笑)

コスト的に高くなりますが、

あったらいいな〜

と思い、書かせてもらいました。

価格は気持ち高め

ノーマルは、200gで1280円

一杯あたり64円と、それほど高くありません。

フレーバーコーヒーは、200gで1380〜1580円

一杯あたり69〜79円と、

気持ち高いかな

って印象です。

もちろん、クオリティの高さとトレードオフなので、

価格に不満はありません。

ただ、200gで1580円と聞くと、

少し手が出しづらい方もいるのでは?

と、思いました。

また、送料は全国一律400円

注文する時は、

まとめて購入した方が安く済みます。

まあ、冷静に考えてみれば、

一杯79円なら、妥当な金額なんですよね。

高級品と割り切ってしまえば、

そこまで気にならないかもしれません。

実際に飲んでみた(コーヒーレビュー)

今回は、試しに3種類のコーヒーを購入してきました。

買ったのは、

  • ノーマル
  • ブルーベリー
  • ヘーゼルナッツ

の3つです。

順番にレビューしていきます。

ノーマル

まずは、

ノーマルのデカフェコーヒーを!

と思い、1発目に選びました。

お値段は、200gで1280円(税込)。

生豆生産国はブラジル。

前に買ったノンカフェインコーヒーは、

コロンビアでした。

せっかくなので、比較しながらレビューします。

ドリップ時の香りは

普通のコーヒーより気持ち控えめに感じました。

それでは、飲んでみましょう。

ひとくち目でガツンとくる、

コーヒーらしい上品な苦味に衝撃を受けました。

前に買ったノンカフェインコーヒーに比べて、

よりカフェイン入りのコーヒーと遜色ない味わい

苦味の後にコーヒー豆の甘みを感じ、

酸味や嫌な渋味はありません。

当然、キレのある苦味で後味スッキリ!

大変飲みやすいコーヒーです。

個人的に冷めてきた状態の風味が気になったので、

試しに冷ましてから飲んでみました。

すると、思ったより雑味がなく、

品のある苦味は健在

これは、思わぬ発見です。

普通なら、冷めてくると酸化が進み、

安物のコーヒーは「えぐみ」、「渋味」を感じます。

実際、最近買ったノンカフェインコーヒーは

冷めてくると雑味が出ました。

それがほとんど感じられなかったので、

しっかり品質にこだわっている証拠ですね。

味は満足でき、

200gで1280円とそこまで高くないので、

デカフェで美味しいコーヒーを探している方は、

十分候補に入る商品かと思います。

ブルーベリー

続いて、デカフェフレーバーコーヒーの

ブルーベリーフレーバーです。

ノーマルのデカフェコーヒーに、

ブルーベリーの風味を付けたものです。

お値段は、200gで1580円(税込)。

ブルーベリー大好きなので、

個人的に、めっちゃ期待しています(笑)

開封時、

さわやかな甘酸っぱいブルーベリーの香り。

このコーヒーは香り付けに、

ブルーベリーの粉末を使用しています。

見た目はブルーベリーが入ってるとは思いませんね。

しかし、ドリップ時、

豆を蒸らした時にペーパードリッパーが紫色に

これは本物ですよ!

ブルーベリーの香りも部屋いっぱいに漂います。

それでは、飲んでみましょう。

ブルーベリーの風味がふわっと感じた後に、

ノーマルと同じく上品な苦味がきます。

後味もさわやかで、

ブルーベリーの余韻が残る絶品です。

やはり、デカフェとは考えられないほどの

風味の奥深さがあります

デカフェでフレーバーコーヒーというだけでも珍しいですが、

しっかり風味付けに素材の粉末を入れる徹底ぶり。

確かに、お値段は少し高めになっています。

しかし、一杯、約80円ほどで、

このクオリティが味わえるのであれば、

十分購入する価値はあります。

コーヒー好き、ブルーベリー好きの僕にとっては、

大満足のコーヒーでした。

ヘーゼルナッツ

最後は、デカフェフレーバーコーヒーの

ヘーゼルナッツフレーバーです。

同じく、ノーマルのデカフェコーヒーに、

ヘーゼルナッツの粉末を加えたコーヒーとなっております。

お値段、200g で1420円(税込)。

開封すると、ナッツの香ばしい香りがしました。

ペーパードリッパーに入れると、

ヘーゼルナッツのような物を発見

それでは、飲んでみましょう。

ナッツの香ばしい香りと、

特有の甘みが口いっぱいに広がります

苦味は、ほかのコーヒーと同じで、

フレーバーコーヒーの風味を感じた後に

ふわっと苦味がきます。

やはり、後味はスッキリしていて、

ヘーゼルナッツの風味が口に残ります。

この「極・馨」のフレーバーコーヒーは、

一貫して、

後にフレーバーの余韻が残るのが印象的ですね。

少しミルクを入れてみると、

また違った風味を楽しむことができるので、

砂糖やミルクを入れて飲むのもオススメです。

【まとめ】デカフェや、デカフェフレーバーコーヒーを探している方にオススメしたい一品です!

今回は、最近ハマっている、

夜コーヒー用のデカフェコーヒーについて

紹介してみました。

フレーバーコーヒーになると、

ちょっとお高いですが、クオリティは充分高く、

特にブルーベリーフレーバーはオススメです!

まとめると、

  • カフェイン除去率99.95%のデカフェコーヒー
  • カフェイン除去方法に「スイスウォータープロセス法」を使用
  • 様々なフレーバーが選べられる
  • フレーバー素材そのものをコーヒー豆にブレンド
  • 挽き豆のみの販売
  • 袋はジッパータイプではない
  • 価格は気持ち高め

といった感じです。

全体的に高品質、安全性が高いので、

女性(特に妊婦さん)や、

僕みたいにカフェインが気になる方にオススメ!

僕は、嫁に安心してデカフェコーヒーを飲んでもらいたくて

購入したこともあり、大変満足のいく商品でした。

ただ、送料が全国一律400円かかるので、

できるだけまとめて購入した方がお徳です。

デカフェフレーバーコーヒーが気になった方や、

僕みたいに夜コーヒーをしたい方、

カフェインを摂取せずコーヒーを楽しみたい方は、

試してみてください。

リンクを貼っておきますので、

こちらから商品をご覧くださいね。

以上、カフェイン99.95%カットが魅力の

デカフェコーヒー「極・馨」の紹介記事でした。

何か参考になれば幸いです。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

ごきげんよう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ABOUT ME
しかさん
バイクツーリング、車での日帰り旅行が好きな会社員です。 道の駅巡り、日帰り温泉、デイキャンプが趣味です。 国内旅行もたまにします。 好きな食べ物は、抹茶、ほうじ茶系スイーツ。 出先で見つけたスイーツとのコーヒーブレイクが至福のひと時。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA