生活

【飛騨コンロ】じゃこ天を飛騨コンロで焼いて居酒屋気分

どうも、しかさんです。

前回の記事、N VANでの車中泊で寄った、「道の駅八幡浜みなっと」で美味しそうなじゃこ天があったので購入しました。

折角なので、飛騨コンロを使って焼いてみました。

実はこれ、前からやりたかったんですよね。

では、紹介をしていきます。

愛媛の南予地方の特産品「じゃこ天」

じゃこ天は魚のすり身を油で揚げた食べ物です。

骨、皮も一緒にすり身にするので、ジャリジャリした食感が楽しめます。

僕はこの食感が好きで、日本酒のツマミにもします。

南予地方に行くと、色々なじゃこ天があって悩みます。

僕のじゃこ天のイメージは昔ながらの灰色なので、狐色のじゃこ天は基本選びません。

基本的な食べ方

表面を軽く炙り、醤油を少し垂らします。

大根おろしと合わせていただきます。

油で揚げなおしてもいいです。

火で炙るか、オーブントースターで温めるのが手軽ですね。

今回は、飛騨コンロに固形燃料を使い、網を乗せて炙りました。

炭でじっくり炙ると、さらに美味しいと思います。

本場のじゃこ天はやはり絶品

スーパーなどでも売っているので、買えるには買えますが種類が限られます。

こだわる方は物足りないと思います。

僕もその1人です(笑)

本場に行くと、色々な種類の中から選べます。

久しぶりに自分好みのじゃこ天が買えたので、ワクワクしながら焼きました。

出来れば火は強すぎない程度で、じっくりと焼き目が付くぐらいで炙ります。

先に電子レンジで少し温めておいてもいいですね。

炙って食べると、中はふっくら、表面は少しパリパリで最高です。

味もしっかり付いていますが、醤油と大根おろしがよく合います。

じゃりじゃり、もちもちした食感がたまりません。

お酒のお供にオススメです。

【まとめ】飛騨コンロは宅飲みの見方

飛騨コンロ遊びは楽しいです(笑)

見て楽しい、食べて美味しい宅飲みツールだと思います。

今回はじゃこ天のみを焼きましたが、きのこ類も一緒に焼いて食べたりしてもいいです。

シシトウとかもよさそうですね。

愛媛にお越しの際は、南予のじゃこ天をおつまみにいかがでしょうか?

勿論、ネットでもお取り寄せ出来ますよ。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

ごきげんよう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ABOUT ME
しかさん
バイクツーリング、車での日帰り旅行が好きな会社員です。 道の駅巡り、日帰り温泉、デイキャンプが趣味です。 国内旅行もたまにします。 好きな食べ物は、抹茶、ほうじ茶系スイーツ。 出先で見つけたスイーツとのコーヒーブレイクが至福のひと時。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA