バイク

【梅雨の味方】コミネのバイク用ネオレインブーツカバーがオススメの理由5選

どうも、しかさんです。

一部日本では異例の速さで梅雨入りを果たし、通勤ライダーの僕には辛い時期が訪れました。

今回は、僕が通勤で使っているレインブーツカバーについて記事にしました。

よければお付き合い下さい。

レインウェアとレインブーツカバーは通勤ライダーの強い味方

通勤靴を防水靴にしてもいいですが、意外と値がはります。

バイク用になると、結構なお値段になります。

ブーツなら尚更高額ですよね(泣)

しかし、バイクメーカー各社から出ている、レインブーツカバーを使用すれば2000〜3000円ほどで雨を凌ぐ事が出来ます。

その中で、僕が愛用しているのがコミネから出ているレインブーツカバーです。

使用しているサイズはLサイズ。

僕の足は27センチ〜28センチ(メーカーによって変動します)です。

Lサイズでピッタリフィットします。

このブーツカバー、実は5年以上使用しています。

それでも未だに雨から守ってくれています。

なかなかの耐久性だと思います。

こういう商品は、個体差でボロを引くとすぐダメになってしまいますが、5年以上通勤で使用出来ているので大丈夫かと思います。

唯一、欠点を言うと、カバー分靴に厚みが出る事ぐらいですね。

シフトチェンジ時にいつもの感覚で蹴ると、あれって感じになります(笑)

ちゃんと大きく動作しないと足にシフトが引っかかるんですね。

後は歩行時に違和感があります。

これは慣れたら気になりません。

歩いていても、変にズレてきて外れる事はありません。

勿論、バイクに乗っていても、しっかり装着していれば外れる事は一回もありませんでした。

オススメの理由5選

  • 価格が安い
  • 耐水性が高い
  • コンパクトで嵩張らない
  • 着脱がラク
  • シフトパッドが両足に付いている

ここからはオススメの理由を一つづつ紹介していきます。

価格が安い

防水機能を持った靴を買わず、カバーのみを買った方が安い気がします。

一部のブーツなどは合わないなど、靴によりますが、ほぼ対応出来るかと思います。

記事制作時点で、アマゾン価格3000円を切っているので予算的には買えそうな範囲ですね。

他のメーカーだと、もう少し安い物もあるみたいです。

予算オーバーなら、他のメーカーを選ぶのもありかと思います。

耐水性が高い

台風、豪雨など体験しましたが、問題なく雨から守ってくれました。

5年以上経った今でも使えるので、耐水性は上出来ではないでしょうか。

マジックテープ、縫い目などは経年劣化で脆くはなってきたものの、まだまだ使えそうです。

最近豪雨時に使いましたが、大丈夫でした(笑)

コンパクトで嵩張らない

この商品のいい所は、収納時コンパクトになる所です。

足の先のみソールが付いていて、カカトまでソールはありません。

そういう作りなので、足の先のソールの形に合わせて畳むとかなりコンパクトになります。

通勤ライダーで、荷物は全部リュックに背負ってしまう、僕みたいな方には嬉しい作りになっています。

着脱がラク

付け方が簡単で、つま先を差し込み、ふくらはぎ辺りでマジックテープでとめるだけ。

レインウェアをはいている状態からササっと取り付けられます。

外す時も数秒で終わるので楽ちんです。

シフトパッドが両足についている

シフトチェンジする時でも、カバーが傷まないようにパッドがついています。

この辺は流石バイク用と言った所です。

このパッドの厚みで、シフトチェンジ時、シフトに足が引っかからないよう注意です(笑)

【まとめ】本当に買ってよかったバイク用品の一つです

雨の日にバイクシューズで走ると、すぐにシューズが濡れて中まで浸透していましたが、これつけるだけで悩まなくなりました。

耐久性もあり、まだ使えそうなのでこれからも足を雨から守ってもらおうと思います。

寿命がきたら、気に入っているのでリピート買いするつもりです。

3000円ほどで買えるので、足周りの雨具で悩んでいる方は参考にして下さい。

以上、僕が使っているオススメのレインブーツカバーの紹介記事でした。

何かお役に立てれば幸いです。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

ごきげんよう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ABOUT ME
しかさん
バイクツーリング、車での日帰り旅行が好きな会社員です。 道の駅巡り、日帰り温泉、デイキャンプが趣味です。 国内旅行もたまにします。 好きな食べ物は、抹茶、ほうじ茶系スイーツ。 出先で見つけたスイーツとのコーヒーブレイクが至福のひと時。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA