ツーリングレポート

【ツーリングレポート】未舗装あり?酷道(県道126号〜264号)白髪隧道ツーリング!

どうも、しかさんです。

個人的に気になっていたルートがあり、

通行止めが解除される休日を利用して

景色や絶景スポットを探索する、

ピクニックツーリングを決行しました。

今回は、愛媛と高知を繋ぐ「白髪隧道」周辺を走ってきたので、

ツーリングレポートをしていきます。

結論から言うと、

愛媛側、高知側、共に自然豊かでいい道でした!

天然記念物の「かつら」や、

汗見川の「変成岩類」について記事にしています。

よければお付き合いください。

愛媛側の県道126号線

白髪隧道へのアクセスは、

  • 愛媛県側からは県道126号線
  • 高知県側からは県道264号線

から行くことができます。

目的は、白髪隧道自体ではなく、

周辺にある景色や観光スポットを楽しむツーリングです

今回は、愛媛県側からアクセスしました。

県道126号線に入る前に、金砂湖で休憩!

昔に比べて、かなり水量が減りました(汗)

では、酷道と言われる県道126号線に入って行きましょう。

未舗装路は今も健在

県道ですが、一部未舗装路区間が存在します。

今回はRX125でのツーリングでしたので、

未舗装路でも問題なく走れましたが、

オフロード車でない場合は注意してください。

未舗装路区間は6か所ありました。

未舗装区間その1

その2

その3

その4

その5

その6

いずれも、100mほどの短い距離で、

オフロード車じゃないと走れない!

なんて道ではありません。

道は車1台分ぐらいの狭さで、

場所によっては荒れています。

こりゃ、確かに酷道だ(笑)

でも、その分自然豊かな道で、

こんな場所もありました。

滝スポット

未舗装区間にあった大岩

バイクだと楽しい道ですね!

玉取山の大かつら

白髪隧道のトンネル手前には、

大きな「かつら」の木があるという情報を

事前にチェックしていました。

せっかくなので、寄り道してみます。

入り口は、この看板が目印

ここからは、林道になりますのでご注意を

道なりに進むと、分岐点があります。

この石碑が目印

車の場合は、この辺りに駐車するといいですね。

分岐を右に曲がらず、そのまま直進すると、

大かつらの木が現れました。

愛媛県の天然記念物に指定されているみたいです。

古い看板もありました(笑)

樹齢は、なんと800年!

根回りだけで15m。

巨大な姿に圧倒されました。

こんな素晴らしい場所があったんですねー。

別のアングルから

ジブリ作品に出てきてもおかしくないレベルの風景です!

RX君とも、記念撮影しました。

この木のすぐ後ろにも看板が

周りにいっぱい生えている木は、

「いたやかえで」というそうです。

これも、県指定天然記念に指定されていました。

大かつらの先にある林道を探索

撮影して、大かつらの迫力に満足しましたが、

その先には林道が続いていました。

好奇心が勝ってしまい、少し探索することに。

フラットダートが続いており、

約1kmですぐに行き止まりになりました(笑)

ここで引き返し、分岐点まで戻ります。

やはり、分岐点のその先が気になり、

こちらも探索してみました。

同じくフラットダートが続いており、

工事現場のような林道でした。

やはり、約1kmほどで行き止まりに

林道走行に少しずつ慣れてきたこともあり、

フラットダートだったおかげで、

気持ち良く走れました。

高知と愛媛を繋ぐ「白髪隧道」

大かつらへ続く林道から県道に戻り、

白髪隧道のトンネルを目指します。

割とすぐの距離にあり、拍子抜け(笑)

愛媛側には、石碑がありました。

石碑のところで記念撮影。

トンネル内は、いっさい灯りがありません(汗)

正直言って、不気味です…

このトンネルを抜けた先は高知県になります

意を決して通過!

本当に真っ暗で怖かった…

高知側から見たトンネルはこんな感じ。

すぐ横は、水量の少ない川がありました。

ここからは、

景色の良いポイントが多いみたいなので楽しみです。

高知側の県道264号線

トンネルを抜けると、

高知県の県道264号線に変わります。

この道を進んで行くと、

道の駅「さめうら」や、早明浦ダムなどがあります。

ここからは、景色が良いスポットで停まり、

写真を撮っていく予定になっていました。

が、甘い誘惑に負けて寄り道することになります(笑)

県道264号線は林道の宝庫か⁈

トンネルを抜けて走っていると、林道の看板を発見!

時間もあるので、少し入ってみました。

少し砂利多めのフラットダートで、

かなり走りやすい林道です。

しかし、入ってすぐのところで

こんな看板が…

はい、無関係者です(汗)

すぐ横に、キレイな滝スポットがあったので、

撮影だけさせてもらいました。

その後、すぐに撤退。

この看板、入り口に立てておいて欲しかったなぁ…

県道に戻り、少し走っていると、

またもや、林道の入り口を発見!

さっきの件があったので、

ここはスルーしました(笑)

それにしても、高知側も景色が良くていい道ですね。

またしばらく走っていると…

はい、また林道の入り口です!

さすがに我慢できず、入ってみました(笑)

「竜王林道」だなんて…

名前からしてカッコイイ!

ふと、ドラクエ1のラスボスが

頭をよぎったのは僕だけではないはず

この林道は、終点まで走ることができたので、

別の記事にして紹介させていただきます!

だいぶ寄り道してしまいましたが、

絶景スポットを目指して県道を進んで行きましょう。

珍しい変成岩類や美しい景色が多数存在する「汗見川」

あらかじめリサーチしておいた場所を巡っていきました。

県道264号線に流れる川「汗見川」の

景色や変成岩類を紹介していきます。

ポイント①「弁渕」

まず訪れたのは、「弁渕」。

すごく透き通った蒼い渕です。

この美しさには感動しました!

ただ、残念なことに、

木々が邪魔で景色が一望できない(汗)

別角度で

これが一番キレイに撮れました。

周りはこんな感じの川です。

ポイント②「枕状溶岩」

次に訪れたのは、「枕状溶岩」。

近くに東屋(展望台)もありました。

案内板が目印です。

この辺りは、珍しい変成岩類が多いようですね。

トイレもあったけど、水が流れないので注意(笑)

遊歩道を歩いていくと…

東屋があります

東屋はこんな感じ

東屋(展望台)からの景色

東屋へのルートじゃない方に歩くと行き止まりでした

ここからの景色

木や草が生い茂っていて、景色はイマイチですね(汗)

肝心の「枕状溶岩」は、東屋から少し離れた場所にありました

ここから川に降りられます。

正直、「枕状溶岩」と言われても、

どんな岩なのか分かりません(笑)

なので、ネットで調べて、

それらしい岩を撮影してきました。

確かに、溶岩が流れて固まったような模様をしています。

川は、こんな感じでキレイです。

寄り道しすぎたため、ここで遅めの昼食。

おにぎり2つを食べて、

家で淹れてきたコーヒーを飲んでいっぷく。

自然の中で飲むコーヒーは格別!

休憩して、遊歩道を上がっていると、

上から視線が…

RX君「いつまで休憩してんの」

すいません、すぐ行きます(汗)

ポイント③「唐越し」

「枕状溶岩」の後に訪れたのは、絶景スポットの「唐越し」。

看板のところにアジサイが咲いていました。

ここからの景色は、個人的にオススメ!

「弁渕」より開けている場所なので、

川がよく見えます。

川の色がとても美しい!

ここでコーヒー飲んでもよかったなぁ。

ポイント④「亀岩」

予定時間がオーバーしてきたので、

ここからは早足で回りました(笑)

次は、「亀岩」と言われるスポットです。

川底に亀のような岩があることから、

名前がついたみたいですね

しかし、亀っぽい岩は見つけられませんでした(泣)

うーん、景色はキレイだけど、

亀岩かどうかは分かりませんね。

ポイント⑤「坂本橋」

次に寄ったスポットは、「坂本橋」。

「亀岩」の観光が終わったら、

次の目的地の予定でしたが、

看板を見つけたので停まってみました。

よくある古い橋があるだけで、

岩石については特に分かりませんでした(汗)

そのかわり、地質についての知識が書かれた看板があり、

少し賢くなりました(笑)

橋からの景色はこんな感じ

田舎の風景で良き!

ポイント⑥「つけの淵」

最後は、「つけの淵」。

こちらは景色を楽しむスポットです。

しかし、木々が邪魔で景色が楽しめない…

なんとか絶景写真をと思いましたが、

イマイチいい写真が撮れず(泣)

2枚目は、田んぼと写してみました。

道なりに走っているだけで色々と見て回れるので、

意外と穴場のツーリングスポットかもしれません。

【まとめ】白髪隧道の周辺は林道、フォトスポット多めで良い酷道でした!

今回は、自然に触れ合うピクニックツーリングになりました。

途中、目的を忘れて林道に突っ込んで行きましたが(笑)

白髪隧道は、トンネルの途中に県境がある面白い道で、

愛媛側、高知側、共に自然がいっぱいです。

まとめると、

  • 白髪隧道は、愛媛と高知を結ぶトンネル
  • トンネルの中間が県境
  • 愛媛側、県道126号線は未舗装路アリ
  • 愛媛側、白髪隧道トンネル手前には天然記念物の「玉取山の大かつら」が見られる
  • 「玉取山の大かつら」は樹齢800年の巨木
  • 高知側、県道264号線には林道が多数
  • 高知側、汗見川は珍しい変成岩類が見られる
  • 汗見川は透き通った蒼さが印象的

といった感じです。

オンロードタイヤだと、

少し未舗装路が怖いかもしれませんが、

そこまで長くないので比較的走りやすい道でした。

景色メインのピクニックツーリングなら、

オススメのツーリングルートです!

以上、白髪隧道周辺のツーリングレポート記事でした。

何か参考になれば幸いです。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

ごきげんよう!

旅行は、楽天ポイントが使える、たまる、
「楽天トラベル」が便利です。
ホテル・ツアー予約や航空券・レンタカー予約、
観光情報も満載のサービスです。
よければこちらからどうぞ!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ABOUT ME
しかさん
バイクツーリング、車での日帰り旅行が好きな会社員です。 道の駅巡り、日帰り温泉、デイキャンプが趣味です。 国内旅行もたまにします。 好きな食べ物は、抹茶、ほうじ茶系スイーツ。 出先で見つけたスイーツとのコーヒーブレイクが至福のひと時。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA