ツーリングレポート

【ツーリングレポート】絶景滝スポット多数!夏の高知県「安居渓谷」を観光【RX125】

どうも、しかさんです。

仕事の休みを利用して、

前から行きたかった「安居渓谷」に行ってきました。

結論から言うと、

大自然の中にある遊歩道や、

水質が高く、迫力ある滝スポットは見応え抜群です!

この記事では、僕が回った

安居渓谷の観光スポットを紹介しています。

高知の観光スポットや、

安居渓谷の観光の参考になれば嬉しいです。

よければお付き合いください。

国道439号線から県道362号線へ

仁淀川町の国道439号線から、

「安居渓谷」の標識看板を目印に

県道362号線へ入っていきます。

そこから約8km走れば「安居渓谷」に到着です。

道はそれなりにせまいですが、

離合できないほどではありません。

道のすぐ横には、「安居川」が流れています。

景勝地なだけあって、道中も素晴らしい景色です

「安居渓谷」までは、基本的に一本道で、

道路のいたるところに看板が立っているので

迷わずたどり着けると思います。

到着寸前の場所で、小さな滝を発見。

RX君と記念撮影。

到着前から美しい自然が見られて、

テンション上がっています(笑)

紅葉の木が多く見られるので、

紅葉シーズンに来ると

素晴らしい景色が見られるかもしれませんね

安居渓谷を観光

ここからは、僕が観光した場所を紹介していきます。

入り口付近に案内板があるので、

それを頼りに回ってみました。

ちなみに、安居渓谷の拠点となる宝来荘では、

  • お手洗い
  • レストラン
  • 宿泊施設
  • キャンプ場
  • バーベキュー棟

などがあります。

今回は日帰りで、食事などの利用はしなかったので、

詳細などのレビューは記事にしていません

宝来荘の公式サイトのリンクを載せておきますので、

気になる方はこちらからどうぞ!

https://yasuikeikoku-horaisou.com

みかえりの滝

宝来荘のある駐車場の手前にある、

「みかえりの滝」です。

気づかず素通りしてしまったので、

一度引き返してきました(笑)

木々が邪魔で、あまりきれいに見えません。

遠くから見る感じなので、少し迫力に欠けますね

RX君と記念撮影。

滝のアップ写真。

思ったよりスケール小さめですが、

やっぱり滝は見ていて癒されます。

蓬莱橋

次に向かったのは、「蓬莱橋」。

ここへは、宝来荘の駐車場にバイクを停めて歩きました。

趣きある橋です。

橋からの風景。

橋を渡ると、川に降りられる階段があります。

川に降りると、ゴツゴツした岩だらけでした(笑)

階段を降りる時に見つけた通路を進んでみました。

しかし、途中で行き止まりのような感じになり、

ここで引き返しました。

通路があるので、昔は何かあったのかもしれませんね

乙女河原

宝来荘から少し進んだ場所に、次のスポット

「乙女河原」がありました。

ここへは、バイクで近くまで走り、

路肩の駐車場スペースに停めて歩きました。

ここには、

  • バーベキュー棟
  • お手洗い

があり、川で遊泳もできそうです。

ここから降っていきます。

まあ、特に特筆することがない河原って感じでした(笑)

川には沈下橋があります。

この橋を渡った先に、

次の目的地、「飛龍の滝」に続く遊歩道があります。

もちろん、川の水は透き通っていてキレイでしたよ!

飛龍の滝

では、沈下橋を渡って奥へと進みましょう!

遊歩道の入り口には、古い案内板がありました。

滝までは、360mほど歩くみたいですね。

遊歩道は、大自然の中を歩く感じで

めちゃくちゃ気持ちよかったです!

倒木があり、頭上注意!

滝から流れている川がそばにあるので、

マイナスイオンもたっぷり

夏にピッタリの避暑地です。

プチ滝スポット発見!

その横には、謎の像。

見た感じ、少女の像みたいでした。

なんだか少し不気味です(汗)

先に進んでいくと、橋があったり、

少し滑りやすい道や階段があります。

基本的に荒れた道ではないですが、

運動靴などの滑りにくい靴で歩く方が良さそう。

しかし、冒険感があって楽しいです(笑)

道中だけでもキレイな景色を堪能できて、

安居渓谷はいいところですね!

滝の手前にある分岐の遊歩道は封鎖されていました。

少し残念…

そして、念願の「飛龍の滝」がお目見え。

もう少し近づいてみます。

滝壺近く。

すごい水量です(笑)

マイナスイオンを全身に浴びる感じ!

水もキレイですねー。

これは少し歩いてでも来る価値アリです!

別角度で離れて写真を。

良い写真が撮れました!

普段はあまり観光客がいないみたいですが、

夏休みシーズンだったこともあり、

滝を見に歩いてくる方が多かったです。

水晶淵

またまたバイクで少し移動して、

やってきたのは「水晶淵」。

近くに駐車場があるので、そこを利用しました。

階段を降りていくと、すぐ横に滝があります。

この時気づかずに写真を撮りましたが、

後で紹介する「背龍の滝」でした(笑)

降りたところに素晴らしい景色が!

これが「水晶淵」です。

感動するほどの、透き通った水色。

「水晶」と言うより、

宝石の「アクアマリン」や

「ブルートパーズ」のような美しさです

これぞ「仁淀ブルー」といった感じ

安居渓谷に来た際は、

ぜひ、この「水晶淵」まで観光してみてください。

きっと感動すると思います!

背龍の滝

「水晶淵」のすぐそばにある、「背龍の滝」です。

水量は微妙に少なめ。

少し離れて写真を撮っているので、

小さく見えています

近づいて撮影。

ここからだと、下から見上げる感じになります。

撮影後、道から滝を撮影してみました。

こっちの方が近づいて撮影できるので、

かなり迫力ありますね。

マイナスイオンもたっぷりでした(笑)

東陸様の祠

そろそろ安居渓谷の観光も終盤。

「水晶淵」を後にして、「昇龍の滝」を目指します。

バイクで少し走ると、気になる祠を発見。

せっかくなのでバイクを停めて調べてみました。

なにやら「面白の滝」と書いた看板が。

しかし、滝らしいものは見当たりませんでした(泣)

続いて、そばにある石碑。

どうやら、安居銅山を詠ったものだと思います。

そして、謎の祠。

古い絵馬が飾られているだけで、よく分かりません。

後日ネットで調べてみると、

東陸「とうろく」様を祀っている祠でした

100匹の狼の群れに襲われた妊婦を助けるべく、

戦い亡くなった男性(東陸様)の魂を祀っている祠みたいです。

安産の神様として慕われているそう

古い絵馬を見る限り、

参拝する方はほとんどいないのかもしれませんね。

昇龍の滝

最後となる観光スポットは、「昇龍の滝」です。

混雑時の巡回路として使用する道に進みます

ここから巡回路に入ります。

少し走ると、ありました。

これが「昇龍の滝」です。

今までの迫力ある滝を見た後だと、

物足りなく感じますね(笑)

結構遠くから見るので仕方ないですが…

アップで撮影。

思ったより遠くにあったので、これが限界です。

オマケ程度で寄ってみると良いと思います。

駐車場などはないので、車だと路肩に停めることになります

安全には十分注意して駐車してください。

すぐそばには、安居銅山古道の入り口が。

個人的に、こっちのほうが気になる(笑)

ちなみに、巡回路を走って帰ると

それなりに遠回りになりました。

でも、道中にはこんなプチ滝スポットがたくさん!

バイクで走るならオススメです。

ゆっくり景色を楽しみながら帰ることができます。

道幅はせまいですが、対向車はほとんど来ませんでした。

帰路も油断せずゆっくり安全運転で行きましょう。

安居渓谷へのアクセス

仁淀川町の国道439号線から、県道362号線に入ります。

安居渓谷の標識看板が出ているので分かりやすいかと。

そのまま道なりに進むと問題なく着くと思います。

ナビは、宝来荘を検索するといいかもしれません

県道に入ると道幅は狭くなります。

車の離合などが多いので、ゆっくり安全運転で。

安居渓谷までは、小刻みに案内板が出ているので、

それを見ながら行くと確実です。

駐車場は、基本的に宝来荘の広い駐車場へ。

水晶淵付近にも駐車場があるので、そちらでもOK。

宝来荘から歩いて観光できなくはないですが、

水晶淵まで行くとなると、だいぶ歩くことになります

オンシーズンなどは混み合うので、

帰りは巡回路から回っていくことをオススメします。

【まとめ】滝スポット多数!素晴らしい景勝地でした

近くにある、中津渓谷と同じぐらい素晴らしい景勝地です。

個人的には、滝の迫力があって安居渓谷の方が好み。

秋の紅葉シーズンにくると、

さらに楽しめそうな感じもしました。

夏は避暑地としても優秀です。

オンシーズンはかなりの観光客が訪れるので、

道中は十分注意して運転しましょう。

まとめると、

  • 滝スポット多めの景勝地
  • 河原で遊泳もできる
  • 「宝来荘」で食事や宿泊が可能
  • オススメの観光スポットは「昇龍の滝」と「水晶淵」
  • 遊歩道は滑りやすい場所もあるので、滑りにくく歩きやすい靴がオススメ
  • 道中は道がせまいので通行注意
  • 「安居鉱山」の古道もアリ
  • 紅葉シーズンでもう一度訪れてみたい場所

といった感じです。

安居渓谷に来た際は、

ぜひ、「水晶淵」の方まで観光してみて下さい。

水のキレイさに感動すること間違いなしです!

以上、高知県にある

「安居渓谷」のツーリングレポート記事でした。

何か参考になれば幸いです。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

ごきげんよう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ABOUT ME
しかさん
バイクツーリング、車での日帰り旅行が好きな会社員です。 道の駅巡り、日帰り温泉、デイキャンプが趣味です。 国内旅行もたまにします。 好きな食べ物は、抹茶、ほうじ茶系スイーツ。 出先で見つけたスイーツとのコーヒーブレイクが至福のひと時。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA