商品レビュー

【おウチ焼肉】高知県の高級お肉「土佐あかうし」で贅沢焼肉!【食品レビュー】

どうも、しかさんです。

前回の記事、

ホットサンドツーリングで寄り道して購入した

「土佐あかうし」を使って自宅で焼肉をしました!

今回は、「土佐あかうし」の紹介と、

実際に焼肉にして食べたレポート記事になります。

希少なお肉で高級品ですが、

上質な肉質と脂のうまみがたまらない絶品です。

胃もたれしない、あっさりとしたお肉で感動しました。

是非、一度食べてもらいたい品種です。

よければお付き合いください。

前回のツーリングレポート記事はこちら

「土佐あかうし」ってどんな牛?

日本の肉用牛である和牛4品種、

  • 黒毛和種
  • 褐毛和種
  • 日本短角種
  • 無角和種

のうち、

高知県内でしか改良されていない

褐毛和種・高知系の通称です

高知県内では、「土佐褐毛牛」とも呼ばれています。

ネットで検索してみると、

名前の通り、褐毛のウシさんでした(笑)

「褐毛和種」には熊本系と高知系がありますが、

熊本系と比べ、毛色の特徴が異なります。

高知系については褐色の被毛に、

  • 目の周囲
  • まつげ
  • 角先や尾っぽの先

などが黒いことが特徴であり、

チャームポイントとなっています。

また、穏やかな性格で人懐っこいところもあるらしく、

カワイイなぁ…

と、画像を見て思ってしまいました。

それを食べると思うと心苦しくなるので、

考えない事にします(笑)

主に、高知県の山間部

  • 土佐町
  • 本山町

などで飼育されています。

ちなみに、

土佐あかうしの年間出荷量は約470頭

かなり少ないですよね。

そのため、「幻の和牛」なんて書かれたりします。

こちらに、参考にしたネットのページを載せておきます。

詳しく知りたい方は、

是非、こちらからアクセスしてみてください。

土佐あかうし(土佐褐毛牛) 高知県庁ホームページ

https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/160901/tosa-akaushi.html

今回購入したお店

前回の記事でも少し触れていましたが、

改めて紹介します。

RX125のツーリングで訪れた、

地域のスーパー「Aコープ とさ」さんです。

位置的に、道の駅「さめうら」のすぐ近くにあります。

地元のスーパーなだけあって、

「土佐あかうし」のお肉がたくさん並んでいました。

しかも、思ったより単価が安い!

消費期限が近いものもあり、

2割引きになっている商品も

ちょこちょこありました。

今回は、その2割引きされていたお肉を購入。

まあ、高級品なのでランクの高いお肉になると、

100gあたり、1000円を超えてきます(笑)

あと、個人的に感動したのが、

電子マネー決済が対応していた事

道の駅「さめうら」でも、

「土佐あかうし」は購入可能です。(冷凍品)

しかし、

  • 冷凍品じゃない精肉が購入できる
  • 電子マネー決済ができる
  • 品揃えが多い

という点を考えると、

こちらで購入した方が良いという結果になりました。

楽天Edyが使えるので、

ポイントが貯まって嬉しいだけだったりしますが(笑)

保冷の関係で、帰宅まで長時間かかる場合は、

冷凍品を購入した方が良いかもしれませんね。

実際に焼いて食べてみた!

自宅のホットプレートを使って、

おウチ焼肉をやりました。

主役は、もちろん購入した「土佐あかうし」。

購入してきた、

A5ランクのヒレステーキ肉

焼肉用モモブロック肉

これと、きのこや野菜と一緒に焼いて

楽しくいただきました。

それでは、2品あるので2つに分けてレビューします。

「土佐あかうし」ヒレステーキ(A5ランク)

赤身とサシのバランスが、もはや芸術レベル(笑)

A5ランクのステーキ肉を食べるなんて、何年ぶりだろうか…

お値段は、100gあたり1200円。

ステーキ肉2つ入って約2000円(税込)です。

ひとつ約1000円ですが、

なぜか安く感じてしまいます。

贅沢にこのまま豪快に焼いていきますよ!

塩コショウをふって、

野菜たちと一緒に焼かれる「土佐あかうし」の図

美味しそうに焼き上がりました。

ナイフとフォークを使って、

お上品にいただきます。

まずは、ナイフで切ってみましょう。

めちゃくちゃサクッと切れる(笑)

さすがA5ランク、肉質も一級品です。

最初は肉本来を味わうため、

塩コショウのみで食べてみます。

あぁ、超やわらかい…

口の中でとろけるような食感です。

上手く説明できなくて申し訳ないのですが、

お肉に甘みを感じました。

多分、肉本来のうまみと脂の味わいだと思います

柔らかい肉質に感動しましたが、

さらに気づいた事があります。

こんなに脂がのっているのに、さっぱりしている事

これには驚きました。

脂が多いお肉は、最初のうちは美味しいのですが、

次第に胃もたれしてきます。

しかし、この「土佐あかうし」は胃もたれしませんでした。

うちの嫁は、お肉を食べていると

だいたい胃もたれしてきて気分悪くなるのですが、

今回は平然と食べていたのでビックリ(笑)

質の良い脂は身体に無害という事でしょうか?

焼肉のタレをかけたりして、

違った味も試してみましたが、

どれも最高に美味しかったです。

最後まで美味しく食べられて、

僕も嫁も大満足でした。

「土佐あかうし」モモブロック

続いて、こちらからは赤身のモモブロックです。

ブロックのままなので、

食べやすい大きさにカットしていきます。

カット完了!

2人前だと、いい感じの量ですね。

お値段は、100gあたり647円。

これで、274gあります。

ステーキ肉に比べるとリーズナブル!

とか思ってしまいました(笑)

完全に金銭感覚狂ってますね…

それでは、野菜たちと一緒に焼いていきます。

こちらも美味しそうに焼けました。

少しお皿が汚く見えますが許してください(汗)

では、いただきます。

今回も塩コショウで食べてみました。

先にステーキ肉を食べていた事もあり、

脂身が少なく、さらにあっさりしていると感じました。

肉質は、程よくかみごたえがあります。

決して安いお肉の、

ゴムのような食感ではありません(笑)

スジがないので軽く噛みちぎれます。

この赤身の特徴は、

噛めば噛むほどうまみが出てくること

まるで、スルメのような感覚です。

後でネットで調べていると、

「土佐あかうし」のモモ肉の赤身は、

ローストビーフにも最適だとか

確かに、このうまみの多いお肉を使用し、

ローストビーフにしたら間違いなく美味いでしょう!

後で焼肉のタレでも食べてみましたが、

もう、最高でした。

これは今度、

焼肉ツーリングのお供に連れていきたいですね!

【まとめ】あっさりとした脂で食べやすく、胃もたれしやすい方にもオススメ!

「土佐あかうし」のお肉を食べるのは、

今回で3回目ぐらいになります。

改めて思った事は、

本当にあっさりしたお肉で食べやすい!

この点は、かなりのメリットだと思います。

ずっと胃もたれせずに、

美味しく食べられる事は幸せです(笑)

まとめると、

  • 「土佐あかうし」は高知県の山間部で飼育されている褐毛和種
  • 年間出荷量は約470頭と、正に「幻の和牛」
  • A5ランクのステーキ肉は赤身とサシ(霜降り)のバランスが最高
  • 赤身はうまみが濃縮されていて、噛めば噛むほど肉のうまみが出てくる
  • 「土佐あかうし」の脂は非常にさっぱりしている
  • 胃もたれしないので食べやすい
  • 脂は濃厚な風味だけでなく、甘みも感じる

といった感じです。

日本には素晴らしい和牛がたくさんありますが、

「土佐あかうし」もうまみタップリでオススメです。

機会があれば、

熊本系の「あかうし」と

食べ比べしても面白いかもしれませんね。

お値段が高いので、なかなか買えませんが、

ネットでも購入は可能です。

気になった方は、

是非、一度食べてみてください!

以上、高知県の高級お肉

「土佐あかうし」の紹介記事でした。

何か参考になれば幸いです。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

ごきげんよう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ABOUT ME
しかさん
バイクツーリング、車での日帰り旅行が好きな会社員です。 道の駅巡り、日帰り温泉、デイキャンプが趣味です。 国内旅行もたまにします。 好きな食べ物は、抹茶、ほうじ茶系スイーツ。 出先で見つけたスイーツとのコーヒーブレイクが至福のひと時。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA