バイク

【バイク記事】レインウェアはどれがいい?(失敗談と商品紹介)

どうも、しかさんです。

5月に入り、あと1ヶ月もすると梅雨の季節ですね。

通勤ライダーである僕にとっては、憂鬱な季節です。

今回は、バイクのレインウェア選びについて記事にしました。

よければお付き合い下さい。

レインウェア選びは失敗の繰り返し

就職してからずっとバイク通勤を続けている僕は、レインウェアが必需品です。

しかし、レインウェアは劣化するとすぐに浸水してきます。

ぶっちゃけ消耗品です。

1番初めに買ったレインウェアは、ホームセンターで売られていた、1万ぐらいのレインウェアでした。

このレインウェアは、高いだけあって5年間ぐらい使用出来ました。

そのかわり、バイク用ではないためブカブカで、風でバタつきます(笑)

思いの外、耐久性があったので2代目もホームセンターで購入。

さすがに前回と同じ物はなく、1番高い物を選びました。

だいたい6000円ぐらいだったと思います。

このレインウェア、数ヶ月で捨てることになります。

僕の使い方に問題があったのですが、普段からバッグを背負った状態でレインウェアを着ていました。

ある日、レインウェアを着て、ジッパーを閉めている時にジッパーがイカれました(笑)

原因は上記の通り、バッグを背負った状態で、無理矢理レインウェアを着ようとしていたからです。

バッグの大きさに耐えられなかったのと、レインウェアが少し小さかったみたいです。

まあ、これは僕が悪いので仕方なく新しいのを買いました。

ここで、バッグを防水に変えてレインウェアの上から背負うようにしました。

3代目はネットで購入しました。

バイク用と書かれている物で、値段は4000円ぐらい。

ベンチレーションや、マジックテープが付いていて、バタつき防止や通気性が期待出来る商品です。

しかし、肝心の防水性能が悪く、1年保たずに浸水してきました。

お尻はベチョベチョ、膝、肘、上半身は濡れ濡れ(笑)

小雨ならなんとか耐えられますが、大雨なんてほぼ無意味です。

数回我慢して使いましたが、もう濡れまくるので捨てました。

やっぱり、しっかりしたバイク用品メーカーで、値段もそれなりの物じゃないとダメみたいです。

現在使用しているレインウェア

今使っているのは、「コミネ(KOMINE) バイク用 ブレスターレインウェアフィアート」です。

お値段は1万円ぐらい。

このレインウェアは、ツーリング用で買った物ですが、使う頻度がかなり低く眠らせていました。

およそ5年前に買った物です(笑)

使わないのは勿体無いし、年数が経ってくると劣化して防水性能が衰えるので、通勤用におろしました。

5年前の物なのに、今のところ問題なく使えています。

大雨でも、雨水が染み込んできていません。

バイク用ですのでバタつきはないし、マジックテープが付いていて調節が出来たり、両足の内には耐熱素材が補強で付いています。

やっぱり有名バイクメーカー品は安心できますね(笑)

次買うなら、コスパ的にもコミネをリピートする予定です。

と、言いつつワークマンでバイク用と謳われているレインウェアを購入。

こちらは未使用なので、使ったらレビューします。

デニム調の見た目ですが、性能はどうなんでしょうね。

【まとめ】多少値が張っても有名バイクメーカー品を選ぶが吉

10年間、レインウェアを使用して思った事は、

  • 消耗品と思って安物を買ってはいけない
  • 有名バイクメーカー品を選ぶ

これに尽きると思います。

今回紹介した、コミネ製品は丈夫そうですし、値段も1万円切っているのでオススメです。

皆さんも、僕みたいに安物買うと痛い目を見るかもしれませんので、安心感のあるバイクメーカーを選びましょう。

以上、レインウェアの失敗談と商品紹介でした。

皆さんのお役に立てれば幸いです。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

ごきげんよう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ABOUT ME
しかさん
バイクツーリング、車での日帰り旅行が好きな会社員です。 道の駅巡り、日帰り温泉、デイキャンプが趣味です。 国内旅行もたまにします。 好きな食べ物は、抹茶、ほうじ茶系スイーツ。 出先で見つけたスイーツとのコーヒーブレイクが至福のひと時。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA